争続から相続へ

「相続」「相続財産」「相続税」とは?
⇒人が亡くなったとき、亡くなった人(被相続人)の財産や地位を、

被相続人の子や妻など親族(相続人)へ受け継ぐこと。

被相続人の権利義務が、包括して相続人に承継されることをいい、

相続人に受け継がれる財産のことは、「相続財産」や「遺産」と称されます。

「相続税」とは、被相続人の財産を引き継いだ時に負担する税金のことをいい、

「基礎控除額」を超える場合、「課税対象」となり、一定の金額を超えた場合に

申告し納税をする必要が生じることになります。

 

◎「相続財産」とは、プラスの財産とマイナスの財産に分けられ遺産分割の対象資産となります。

主なプラス財産
・現金、有価証券、預貯金、株券等
・不動産(宅地、建物他)
・動産等(自動車、家財、骨董品、宝石、貴金属、美術品等)
・その他(電話加入権、ゴルフ会員権等)

マイナス財産
・負債(借金、住宅ローン等)
・税金等(未払いの税金等)
・その他(未払いの賃料、未払いの医療費等)

上記以外にも、資産流動性、収益性、換金性の考え方に則り、できる時から、

遺産分割の対象財産を「仕分け」「整理」しておくことが、

相続が「争続」とならないための事前の備えとなります。

 

 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply