任意売却とは?

「住宅ローンが払えない・・・不動産投資に失敗した・・・競売、自己破産だけではありません。」

【任意売却とは?】
住宅ローンや不動産担保ローンなどが払えなくなる理由は様々です。

・収入が下がった
・ボーナスが無くなりボーナス払いができない
・オーバーローンで売るに売れない
・バブル時にフルローンで組んだ
・離婚して状況が変わった
・年金生活で払えない
・病気になって仕事ができない
・怪我をして仕事ができない
・投資不動産を買って赤字になってしまっている

など、やむを得ない事情で、住宅ローン破綻や不動産投資破綻に
追い込まれてしまっている現状があります。

住宅ローンや不動産担保ローンなどが払えなくなると、
「競売になってしまう・・」
「自己破産しなかないのか・・」
と思ってしまいます。

でも、そうではありません。

住宅ローンを借りている金融機関に話をして、不動産が競売になる前に「任意」で
「売却」する方法があります。それが「任意売却」です。

通常、不動産を売るときは、住宅ローンなどの債務以上の金額で売れないと
担保権が外れないので、売却が出来ません。

任意売却の場合は、住宅ローンなどの担保が物件の価値を上回っていても、売却ができる方法です。
そのため、一般の売却物件と同様に市場に売りに出せるので、競売よりも高く売れることが多く
、債務が完済できたり、大幅に圧縮できる可能性があります。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply