相続人がいない?

相続が発生すると、相続税の支払い方法や資産評価の是非、
遺産分割の方法、 “解決すべきこと” “課題”が
いろいろ発生しますが、全部相続する選択しか無いのでしょうか?

被相続人は、「相続人であることを知ってから3か月以内」に、
相続放棄をするかどうかの選択を迫られ、相続放棄をする場合、
家庭裁判所へ申述書等を提出し、受理されることで相続放棄の効力が発生します。

つまり、「相続放棄があった場合は、その相続人は最初から相続人ではなかった事」
になるため、相続放棄した人の子や孫には代襲相続は行われず、
相続財産は、放棄した人以外の相続人で分割していくことになります。

~では、相続人全員が相続放棄を、するとどうなるか? ~

● 相続人の存在,不存在が明らかでないとき(相続人全員が相続放棄をして,
結果として相続する者がいなくなった場合も
含まれる。)には、家庭裁判所の申立てにより,相続財産管理人が選任されます。
相続財産管理人は,被相続人の債権者等に対して債務の清算を行い,
清算後残った財産を国庫に帰属させることになります。
又、特別縁故者(被相続人と特別の縁故のあった者)に対する、
相続財産分与がなされる場合もあります。

●相続財産管理人の資格は必要ないですが、被相続人との関係や利害関係の有無などを
考慮して,相続財産を管理するのに最も適任と認められる人、弁護士,
司法書士等の専門職が多いようです。

●主な流れは、家庭裁判所は,相続財産管理人が選任されたことを知らせるための
公告 ~ 2か月が経過してから,相続財産管理人は,相続財産の債権者・受遺者を
確認するための公告 ~ 更に、2か月が経過してから,家庭裁判所は,財産管理人の申立てにより,
相続人を捜すため6か月以上の期間を定めて公告 ~ 相続人がいないことが確定。
尚、必要があれば相続財産管理人は,裁判所の許可を得て,被相続人の不動産や株を売却し
金銭に換えることもできます。
債権者への支払などが終わり、相続財産が残った場合は,相続財産を国に引き継いで手続が終了します。
いきなり、相続人がいないから国庫に帰属するわけではありません。
又、上記期間は、ケースによりまちまちのようです。
※一部、インターネットより抜粋。

 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply