サポートの特長

ワンルーム・戸建~権利関係の複雑な物件まで、
数多くの競売サポートの実績のある弊社だからこそできることがあります。
※弊社代表の青山の落札実績は3桁を超えます。

①的確な物件の見極め
競売物件は落札するまで、いわゆる「内覧」ができません。
また落札価格を予想したり、入札以外にかかる費用を算出することは容易ではありません。
だからこそ、実績の多い競売のプロのアドバイスが必要となります。

・いくらなら落札できるか
・リフォーム費用はどの程度か
・退去費用・残置物撤去費用はどの程度か
・一般市場と比べて、どの程度安く購入できるのか
など

②綿密な物件調査
競売物件は瑕疵担保責任がありませんので、購入後のトラブルは全て自己責任となります。
そのため、競売のプロによる事前の綿密な物件調査が必要となります。

・建築基準法上の道路に接しているか
・登記簿上の登記名義人と同人物か
・防火規制による建築面積への影響は
・過去に訴訟が提起されている建物ではないか
・隣地との境界で争いはないか
・3点セットの評価額の算出方法に不備はないか
など、30項目以上を事前に調査致します。

③充実のアフターフォロー
落札したら終わりではないのが競売物件です。
物件の状況に応じて下記のサポートも行っています。

・居住者の退去が必要な場合、退去通知から引渡しまで
・賃貸借契約を締結する場合、手続から物件管理まで
など

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply