遺言書への記載方法

今回は、遺言書における記載方法、「相続させる&遺贈する」です。

〇  遺言書で、「相続させる」・・・法定相続人に対すること。

〇 「遺贈する」・・・主にですが、法定相続人以外の方へのこと。
→遺言者の資産を「遺産」として受遺者へ引き継がせる意は同じですが、
法的意味において違いが生じます。

・「相続される」
→最高裁平成3年4月19日判決により、「遺産分割方法を指定する遺言」
とされ、特段の事情が無い限り、その遺産は被相続人の死亡時に直ちに
相続人(受遺者)に承継されるため、遺産分割協議等を経なくても、
指定された受遺者が遺産を確定的に取得できたり、単独で相続登記の
申請ができるようです。
・「遺贈する」
→遺言者の死亡とともに受遺者に不動産等の所有権は移転しますが、
所有権移転登記等を行う場合、移転登記申請は、受遺者と相続人全員が
共同して行う必要が生じます。遺言執行者がいる場合は共同申請となり
ますが、それ以外は相続人全員との協力(同意)が不可避です。
→一人でも反対者が出ると、売却が出来なくなることもあります。

法定相続人への相続を遺言書で実現する場合、単独相続登記等の簡易性やその後を考えたとき、
遺言書への記載は、「相続される」が好ましいかもしれません。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply