Entries by sonobe

遺言書への記載方法

今回は、遺言書における記載方法、「相続させる&遺贈する」です。

〇  遺言書で、「相続させる」・・・法定相続人に対すること。

〇 「遺贈する」・・・主にですが、法定相続人以外の方へのこと。
→遺言者の資産を「遺産」として受遺者へ引き継がせる意は同じですが、
法的意味において違いが生じます。

・「相続される」
→最高裁平成3年4月19日判決により、「遺産分割方法を指定する遺言」
とされ、特段の事情が無い限り、その遺産は被相続人の死亡時に直ちに
相続人(受遺者)に承継されるため、遺産分割協議等を経なくても、
指定された受遺者が遺産を確定的に取得できたり、単独で相続登記の… [続きを読む]

相続時の評価 ~土地~

相続が発生すると、所有ご資産の課税される財産か否かで仕分けし、
そのうえで相続財産を評価して相続税の支払い可否などを
検討する必要があります。

しかし、課税財産は多岐にわたります。
預金、現金、絵画、宝石、書画骨とう品、自動車・・・。

その中で、ご自宅等含めた相続財産のほとんどが「土地・建物」等の
“不動産” である方も多いと思います。

不動産 土地建物 に対する画像結果

そうは言っても、不動産は一つとして同じものはなく、その評価もケースバイケース。
そのため、土地に対する評価もケースバイケースであり、評価次第では、
相続税が増えることも減ることもあります。

例えば、借地のほとんどは、借地境による分筆を行っていない場合も多く、… [続きを読む]

相続人がいない?

相続が発生すると、相続税の支払い方法や資産評価の是非、
遺産分割の方法、 “解決すべきこと” “課題”が
いろいろ発生しますが、全部相続する選択しか無いのでしょうか?

被相続人は、「相続人であることを知ってから3か月以内」に、
相続放棄をするかどうかの選択を迫られ、相続放棄をする場合、
家庭裁判所へ申述書等を提出し、受理されることで相続放棄の効力が発生します。

つまり、「相続放棄があった場合は、その相続人は最初から相続人ではなかった事」
になるため、相続放棄した人の子や孫には代襲相続は行われず、
相続財産は、放棄した人以外の相続人で分割していくことになります。

~では、相続人全員が相続放棄を、するとどうなるか? … [続きを読む]

相続税と遺産分割

基礎控除を超えると、相続税の納税の可能性が生じますが、
基礎控除以下の場合でも、何もしなくて良いのでしょうか?

~相続税の納税義務が生じなくても、遺産分割協議の必要性は残ります~
① ご資産が基礎控除内のご自宅だけの場合
② 配偶者の税額の軽減を使い納税が生じない場合
・・・その場合でも、資産を誰に配分するかどうかの方法により、
「争いの火種」が生まれる場合もあります。

法定相続分以外の割合で遺産を分割するには、相続人全員が遺産分割協議の内容に合意する
必要があり、1人でも反対する相続人がいるなら、遺産分割協議は成立しないのです。

その場合、弁護士などの法律の専門家にお願いすることになりますが、協議がまとまらない場合、… [続きを読む]

専門家チームともに相続不動産へのご提案 

「資産のうち、ほとんどが不動産であり、何とかしたい・しなければならない不動産です」
「このまま相続絡みの問題を放置しておくと、大きな問題になりそう」
「相続の相談をしたいけれど、相談できる専門家がいない」
「両親が相続問題を取り仕切っているが、内容が十分に把握できていないので不安」
「専門家の力が欲しい」

弊社が “船の船頭” となり、不動産に強い弁護士・資産税に慣れている税理士・複雑な問題事例を
解決してきた司法書士・相続評価減に取り組んでいる不動産鑑定士などの
「各専門家」と連携、包括的な提案により、皆様に笑顔を届けます。

~相続不動産の課題と問題を発見、専門家チームの総合力で解決~[続きを読む]

争続から相続へ

「相続」「相続財産」「相続税」とは?
⇒人が亡くなったとき、亡くなった人(被相続人)の財産や地位を、

被相続人の子や妻など親族(相続人)へ受け継ぐこと。

被相続人の権利義務が、包括して相続人に承継されることをいい、

相続人に受け継がれる財産のことは、「相続財産」や「遺産」と称されます。

「相続税」とは、被相続人の財産を引き継いだ時に負担する税金のことをいい、

「基礎控除額」を超える場合、「課税対象」となり、一定の金額を超えた場合に

申告し納税をする必要が生じることになります。

 

◎「相続財産」とは、プラスの財産とマイナスの財産に分けられ遺産分割の対象資産となります。

主なプラス財産
・現金、有価証券、預貯金、株券等… [続きを読む]

相続に関わる不動産 ~相続不動産とリスク~

相続資産は、現金、預貯金、株、動産など多岐にわたりますが、中でも不動産が相続資産に占める割合は多いようです。

●不動産は、自宅しか所有していない

●農地がほとんど

●貸地が多く、その他は自宅 等の方は多く見受けられます。

【相続不動産のリスク】

不動産は「換金性が弱い」「分割しづらい」「流動性が低い」財産ですが、不動産の占める割合が多い

場合、相続発生時において、さまざまな問題を発生させています。

相続にて承継する不動産を総称して「相続不動産」と位置付け、相続不動産を

大きく2つに分類します。

 

『リスク発生小』不動産… [続きを読む]