2020年以後に相続登記が義務化

近年、相続をしても不動産登記の名義変更しない方が多く、所有者が不明な土地面積が九州全土を超えているといわれています。このままでは、近いうちに北海道全土の面積が所有者不明の土地になってしまうという試算もございます。

今回は、2020年以後に相続登記が義務化のお話を少々させて頂ければと思います。

そもそも、相続登記が行なわれない要因は大きく分けて、下記の要因が有るようです。

  • 相続人全員の同意を求めるなど手続きが煩雑で司法書士費用もかかる
  • 相続人どうしでもめていて誰が土地を相続するかが決められない
  • 相続登記は義務化されていないので手続きを忘れてしまう

登記というものは第三者に対抗するために登記するのであって、義務ではないのですが、相続登記は別の考え方になると思います。

なぜなら、相続時に登記をしないと一代目は良いのでしょうが、何代にも渡って登記していないと、その土地が誰のものか分からなくなってしまいます。後々子孫に問題を残すことにもなります。

相続人にとっては相続税が発生し今後毎年固定資産税が掛かってくることになり、利用価値のない相続した不動産は登記しない。なんて方がいらっしゃるのかも知れませんが、そこは、相続したのですから確り登記して頂きたいものです。

そこで、国は相続登記の義務化をし、且つ、「罰金」を科す。事項を検討しているようです。

その代わり、一定期間内に相続登記をした場合は手続きを簡素化し費用を軽減する。事項も検討されているとの事です。

是非、土地・建物、不動産を相続した際は、国土を守る為また有効活用するためにも、相続登記は致しましょう。

ちなみに、登記は専門家ではなくてもご自身で登記することができます。そんなに難しいものではございません。

それでは、また。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply