不動産売却の流れ

住み慣れた思いでがいっぱいのマイホームの売却。

考えるだけで胸が「キュン」となってしまいますよね。

不動産売却は人生において、何度とない出来事になると思います。

今回は、不動産売却の一般的な流れをお話できればと思います。

売却スタートは、不動産屋さんと売却するための契約がスタートラインとなります。

一般的な契約の種類は「一般媒介契約」・「専任媒介契約」・「専属専任媒介契約」の3つです。

(今回、代理契約等は話が分かり難くなりますので除きます)

◎「一般媒介契約」

複数の不動産屋さんに「売却」を依頼出来る契約です。

契約を結んだ不動産屋さんは売主さんに対しての販売活動報告

不動産業者間情報サイト(レインズ)に情報登録義務なし

◎「専任媒介契約」

1社の不動産屋さんに依頼する契約。

契約を結んだ不動産屋さんは売主さんに対し2週間に1回販売活動の報告義務有り。

不動産業者間情報サイト(レインズ)に情報登録義務有り

売主さんが買主さんを探してきた場合は「専任媒介契約」をした不動産業者さんを通じ契約しなくても良い。

◎「専属専任媒介契約」

1社の不動産屋さんに依頼する契約

契約を結んだ不動産屋さんは売主さんに対し1週間に1回販売活動の報告義務有り。

不動産業者間情報サイト(レインズ)に情報登録義務有り

売主さんが買主さんを探してきた場合は「専属専任媒介契約」をした不動産業者さんを通じ契約しなければならない。

簡単ではございますが、上記のいづれかの契約を経て売却がスタートとなります。

では、3つの中で売主さんにとって一番いい契約はどれなのでしょうか?

不動産屋さんの立場から申しますと「専属専任媒介契約」と言いたいところでございますが、

私は、売却の状況によると思っております。

例えば、

・売却期間を長期的に考え、市場相場を鑑みて適正な価格で売却されたい方は、

「一般媒介契約」をし、物件価格は売却しながらご自身で適正に決める。

不動産売却経験がある方などにおすすめ出来ると思います。

ご自身のスケジュール・ペースで売却活動をすることが出来ます。

・短期間で売却をしたい方には「専任媒介契約」がよろしいかと思います。

不動産屋さんも「専任媒介契約」になりますと気合が入ります。

短期売却は売主さんと不動産屋さんの協力体制がカギとなります。

・「専任媒介契約」・「専属専任媒介契約」に関して注意して頂きたいのが、

その不動産屋さんは「売主さん」を第一に考えているのか、です。

不動産屋さんが、売却を成立させたいが為に無用な値下げ交渉など、売主さんの利益を第一に考えて行動・提案しているかは、ご自身で注意深く見て・感じてください。

中には、他の不動産屋さんには紹介・案内をさせない、いわゆる「囲い込み」をする不動産屋さんを聞いたりも致しますのでご注意頂ければと思います。

持論ではございますが、不動産売却のセオリーは、媒介契約の種類ではなく、

いかに親身になってくれる不動産屋さんに「出会う」か、

また、売却に係わった全ての皆さんが(買主さんを含め)、ハッピーエンドを迎えられるかを意識して売却活動を進めることだと思います。

そうすると、きっと、素敵な結果になると思います。

それでは、また。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply