資産形成の大原則

不動産投資をする前に、資産形成についても考えてみましょう。

今回は、たまごが先かニワトリが先か、的なお話になるかも知れませんが、

資産形成の原則のお話をさせて頂ければと思います。

まず、資産形成と資産運用何が日違うの?というお話からなのですが、

資産形成とは、現時点で資産がほとんどない状態で0から2.3.4と少しずつ資産を着実に増加させていくことをいいます。ファイナンシャルプランナーいわく、目安としては金融資産1,000万円ぐらいまでは、資産形成の段階との事です。

一方、資産運用とは、既に形成された資産を金融資産や不動産資産へ投資しさらなる利益を求める、もしくは減らさないように利用することをいいます。

では、現金を貯めてからではないと、投資はしない方が良いの?

安全に安全を期す場合は、そうです!!投資などしないで貯蓄した方が安全安心かも知れませんね。。。ですが、ここで、ちょっと考えてください。

仮に現在1,000万円の現金があったとします。10年後、現金の価値は一緒でしょうか?

一緒だとお思いの方は、貯蓄あるのみでございます。投資をお考えにならない方がよろしいかも知れません。

価値は下がる場合も合えれば、上がる場合もあるとお考えの方、投資のスタートラインに立っていると思います。

国は物価を上昇させ、インフレに持っていこうと考えています。インフレは現金の価値を下げますので、預貯金で保有した1,000万円で今なら購入できるものでも、将来は不足して買えない可能性があります。… [続きを読む]

不動産投資は出口戦略が重要

不動産投資と一概に言っても、さまざまでございます。

例えば、

・一棟投資(アパート・マンション・商業ビル等)

・区分投資(分譲マンション一部屋、新築、中古)

・戸建投資(中古・新築戸建)

・借地権投資(建物所有)

・底地投資(土地所有)

・シェアハウス・民泊

・コインパーキング

・トランクルーム

などなど。

また、投資の方向性も十人十色、考え方・思いも千差万別かと思います。… [続きを読む]

解体工事の注意点

昨今、リノベーション・DIYなどのブームで 〝面白みのない築浅物件〟よりもリスクを取って、ボロ家などの物件を取得し自らの創意工夫によって利回りを大幅に引き上げ、

既存の住宅に付加価値を加え、よみがえらせ、再生して転売・販売・賃貸をし、収益されている会社、投資家の方々が多々いらっしゃいます。

しかしながら、すべての物件が再生可能とは限りません、また、建替計画で不動産を購入することもございます。

その際に、一番気になるのが「解体工事」ではないでしょうか。解体工事が遅れて投資回収の計画に影響を及ぼしてしまう。 解体に伴うトラブルで、近隣との問題と追加費用の発生などの声を聞くことがございます。

今回は「解体工事費の注意点」を記載させて頂きます。

解体工事費用の内訳は、産業廃棄物の処理が、約3~4割、重機・運搬などで約3割、解体職人の人件費に3~4割になります。

解体工事業者を選定する上で、一番重要なのは当たり前な話「見積書」です。

ただ単に、安価な業者ではなく、 建物本体の解体工事に必要な費用と残地撤去費用、付帯工事などの項目がしっかり分けてあることが、信頼できる業者の一つの目安になります。

また、 … [続きを読む]

落札後のフォロー

弊社では、競売で取得された物件のアフターフォローも承っております。
具体的には、以下の通りです。
■物件取得後のリフォーム相談・手配など
■契約の再締結
■入居者の募集
■物件管理・家賃代行集金

物件取得後のリフォーム相談競売不動産は、もともと賃貸で貸し出されています。
入居者が販売後もそのま競売不動産は、もともと賃貸に出されています。
入居者が販売後もそのまま お住まいになる場合は、特に必要ありませんが、
取得後にリフォームが必要になる ケースが多々あります。… [続きを読む]

サポートの特長

ワンルーム・戸建~権利関係の複雑な物件まで、
数多くの競売サポートの実績のある弊社だからこそできることがあります。
※弊社代表の青山の落札実績は3桁を超えます。

①的確な物件の見極め
競売物件は落札するまで、いわゆる「内覧」ができません。
また落札価格を予想したり、入札以外にかかる費用を算出することは容易ではありません。
だからこそ、実績の多い競売のプロのアドバイスが必要となります。

・いくらなら落札できるか
・リフォーム費用はどの程度か
・退去費用・残置物撤去費用はどの程度か
・一般市場と比べて、どの程度安く購入できるのか
など… [続きを読む]

競売サポートの流れ

競売は、購入するまで物件の内部を見ることができなかったり、
入居者を退去させなければならなかったりと、一般の不動産と比べて、
多くの専門知識、法律知識が必要です。

そのため、専門のアドバイザーがいなければ、
取得が難しいのが現状です。

弊社では、競売不動産を落札したいけれど、
色々と不安があるという方のために、
入札前の物件調査から、落札後の入居者の退去、引渡しまで、
ワンストップでサポート致します。

 

①面談
面談は無料です。ご予算、取得目的(居住用、投資用等)、… [続きを読む]